【花粉症のツライ症状をどうにかしたい!】 ~身近な食材でのお手当方法~

1つ前の投稿
アレルギーである花粉症を改善するために
まずは“腸内環境を乱すものを減らす「油」の摂り方”を見直してみてください
と話しました。
 
 
見直したいけど、
今すぐお子さんの症状をなんとかしてあげたいと思うママも多いですよね?
 
そこで今回は、おうちで出来る<お手当法>をご紹介します。
 
 
内用・外用ともにおススメなのは
 
「番茶」の抗菌作用と「塩」の引き締め作用が
粘膜の炎症を和らげてくれる「塩番茶」です。
 
 
===================
【作り方】
 200ccの番茶に2グラムの塩を溶かす
 
 
【使い方】
・鼻がツライ時
 塩番茶を染みこませた布やコットンで 鼻を湿らせたり、鼻洗いをする。
 
・喉がイガイガ、かゆい時
 塩番茶でうがいをする。
 
・目がかゆい時
 冷ました塩番茶をスポイトなどで点眼するか
 塩番茶を染みこませた布やコットンで 目の周りを拭く。

===================
 
身近な食材を用いた手当て法は
副作用がなく体にやさしいおばあちゃんの知恵。
 
薬や病院に頼る前におうちで出来ることは沢山ありますが
「食」を置きざりにして薬や手当てを頼っても根本的な解決にはなりません。
 
 
まずは、“身体に負担になるものを減らす”を
意識してみてくださいね。