発達凸凹キッズのアレルギー症状、実は●●の食べ方との深い関係があります。

身体に馴染む食べ方

2月ももう終わり。
ワンコの散歩をしながら
春の気配を日に日に感じる
この頃ですが…

花粉症の人にとっては
鼻がムズムズしたり
目がかゆくなったり
嫌な季節になりますよね。

メルマガ掲載用 (52).jpg

花粉症に限らず
喘息やアトピー、中耳炎などの
アレルギー

実は、
たんぱく質の食べ方
深い関係があることを
知っていますか?


3.jpg


例えば、

赤ちゃんの離乳食

お肉よりも白身の魚から
卵はゆっくり…など。

たんぱく質の進め方
とても気を配りますね。

その理由は
腸管が未発達な赤ちゃんの体内に
細かく分解されないままの
たんぱく質が
入ってしまうと

アレルギー反応が起きる
可能性
があるためです。

私たちの身体は
たんぱく質でできているので、

外側から入ってきたたんぱく質を
異物と認識して
アレルギー反応が起きるのです。


けれども、
離乳食の時には気をつけていても
成長するにつれて


肉、牛乳、卵は栄養があるから
しっかり食べよう

なんて言われたりするから
気にする人は少ないかもしれません。


過剰なたんぱく質は
内臓に負担をかけるだけでなく
腸で消化しきれないため
腸内環境の悪化につながります。


メルマガ掲載用写真 (65).jpg

さらに、腸内環境が悪化すると
免疫力が低下して
アレルギーの発症や悪化にまで!

この時期つら〜い花粉症
花粉のたんぱく質反応
しているんですよ。

メルマガ掲載用 (53).jpg

私たちは
栄養があると言われるものを
つい効率よく摂取しようと
思いがちです。

けれども、
栄養があるからこそ
摂りすぎるとかえって害になる
ことがあるんです。

前回の投稿でもお話しした

食べるべきもののバランス
とても大事です。

前回の投稿はこちら
https://kasaneru-mainichi.jp/archives/2681

本来、備え持っている能力を
最大限に発揮する食べ方は

腸に負担をかけない食べ方


今、お子さんやご家族の
アレルギー症状が気になるなら

まいにちのごはんを
見直すことが近道ですよ!


じゃあどうしたら?

を知りたい方は
オンライン体験レッスン
ご相談くださいね(^^)

体験レッスン詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました