発達凸凹キッズもママもイライラしにくい <肉料理>3選

毎日のごはん
お肉ばかりになっていませんか?

メルマガ掲載用 (45).jpg

魚より肉が好き。
魚料理はマンネリになってしまう。

そんな理由から
おうちごはんのおかずが
お肉料理中心というご家庭が
多いかもしれませんね。


でも、最近なんだか
お子さんがイライラしやすいなぁ
そう思ったら、


お肉の食べ方を
見直してみてください。

8db8373713435e94902ab6a6d813310d_s.jpg

なぜなら
日本人の腸は欧米人より長く
内臓器官が肉食向きではない
からです。


メルマガ掲載用写真 (65).jpg

どういうことかというと…

肉や卵などたんぱく質の
過剰摂取はそれらが腸内に
長くとどまる間に、
有毒ガスや有毒細菌を増殖させ
腸内細菌のバランスを崩します。

バランスが崩れることで
アトピー喘息花粉症などの
アレルギーにもつながります。

体調が悪いと
気分もイライラしますよね。


<腸は第二の脳>
とも言われています。

発達凸凹キッズがすこやかに
過ごすために
腸の健康は欠かせません。



じゃあ
お肉を食べなければいいの?

いえいえ。
食べちゃダメだなんて
そんなガマンは不要です。


いくつかのポイントを意識すれば
お肉もカラダに負担なく
食べられますよ。


そこで
オススメの肉料理3選はこちら

1.豚汁肉
2.肉じゃが
3.野菜と挽肉のそぼろ


ポイントは、
野菜と合わせて食べること。

生野菜などサラダを
合わせるのではなく
一緒に調理することで
消化しやすくなります。



食べ方が変わると
体調不良がなくなって
イライラも減ってきます。

お子さんの病院通いがなくなると
ママの負担も減りますね。

次回から、この3つのレシピ
ご紹介しますね(^^)

ぜひ作ってみてください。⁡