その【偏食】ただの好き嫌いではないかもしれません! 〜ママの気持ちがラクになる2つのポイント〜

お子さんの偏食に困っていませんか?

野菜嫌い

 


今では
いろんな野菜を食べるように
なったわが家のモンベルくんですが
発達特性の影響もあって

はじめてのモノは
食べるのを嫌がったり

食べようとしても、
舌先の敏感なセンサーが反応して
食べられなかったり…
ということがよくあります。

お弁当

例えば

・小松菜は茎の太い部分を食べると
 噛んだ時、頭に音が響く

・玉ねぎやナスのヌルっとした食感も
 気持ちが悪くなる。

こういうこと、本人が口にして
はじめてわかることですが

まだ小さかったり、自分の気持ちを
うまく伝えられない場合は、
食べてくれない理由がわからず
悩んでしまいますよね?

そんな時は、
この2つのポイントママの気持ちも
少しラクになりますよ。

●食べない理由に
 どんな特性があるか知ること。

●食べなくても大丈夫と思える
食の軸」を持つこと。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


今日は食べない理由の特性
についてお話ししますね。

発達障害のお子さんの場合
ただの好き嫌いではなく、

感覚の過敏さから食べられない
ことが多いようです。

✔野菜の苦味や酸味の刺激
 強すぎたり、口の中が痛いと感じる

✔敏感な舌が野菜の農薬
 反応している


✔野菜の見た目が怖かったり、
 別のものをイメージして
 気持ち悪いと
感じてしまう

✔コロッケなどサクサクした衣が
 口の中を針でさされているように
 感じて
痛くて食べられない

こんな風に
ただ単に嫌がっているわけじゃない
想像してあげられると、

無理強いせずにどうしたら良いか?
考えられるかもしれませんね(^^)

もしもお子さんの偏食に
困っていたら

まずは様子を見ることから
はじめてみてくださいね。