「放課後も遊んでいい?」
発達凸凹小2息子、変化への近道は…

2学期はたった12日しか
登校できなかった
モンベルくん
(凸凹小2息子)

それも1時間か2時間がやっとでした。

メルマガ掲載用 (7).jpg

3学期になって
少しずつクラスの友達との関わりが
楽しくなってきたモンベルくん。

あれほど嫌がっていた
授業参加のハードルも下がってきた
ように見えます。

メルマガ掲載用 (8).jpg

1時間目で帰ると言っていた今日は…

「中休みで帰る」
 ・
「昼休みで帰る」
 ・
 ・
 ・
「5時間目もやっぱり出る」

どんどん気持ちが変化して


野球したいから
放課後も遊んでいい?

こんなに嬉しい言葉が
聞けました(^^)

楽しいこと
夢中になれることが増えたら

苦手にも向き合うことが
できるんだと

息子の変化に驚いています。

学校に行くことが
正解ではないけれど…

私が付き添えず、登校を諦めた日。

「つまらない、つまらない」と
夕方に少し荒れたモンベルくんの
様子を見ていると

家で自由気ままに過ごすよりも

今は、学校での時間の方が
楽しいと
感じているのかもしれないと
思うのです。
(本人は気づいていないようですが…)

重ね煮をはじめて

癇癪偏食体調不良もなくなって
困ることは本当に減ったけれど

2学期ひどくなった登校渋りだけは
正直、お手上げだったんです。

けれども、

藁にもすがる思いで
受講を決めた新たな学びの効果
少しずつ出てきました(^^)

メルマガ掲載用 (9).jpg

本を読んだり、
ネットで検索すれば
知りたい情報はいくらでもあります。

それでも、

敢えてお金を払い
時間を作り
正しい方法を知って
実践する

ということは
回り道に感じるようで
結局は近道なんですよね。

重ね煮でお伝えしていることも
実は同じです。

いろいろ調べて
やっているつもりでも
自己流には限界があります。

本気で今の悩み事を変えたかったら

正しい食の軸を知って
毎日に落とし込む

そんなアカデミーでの学び
近道ですよ(^^)

体験レッスン詳細はこちら