発達凸凹キッズの強いカラダづくりのカギは 「食べ物」でなく「●●」です

免疫力を上げるため
風邪を引きにくいカラダを
作るためには

ビタミンCを沢山摂る方がいい
お肉を沢山食べる方がいい

こんな風に聞いたことありませんか?

メルマガ掲載用写真 (67).jpg

でも違うのです。

強いカラダづくりのカギ

「食べ物」でなく
「食べ方」です。

何を食の中心とするかで
免疫力は大きく変わってきます

お肉や生野菜をたっぷりではなく
ご飯お味噌汁中心に
しっかり食べる

私たち日本人が
昔から食べてきた食事は
からだに馴染みます

馴染むから
しっかり消化・吸収・排泄までできて
腸内細菌が元気に活動できるんです。

一汁一飯


食の中心
を変えただけで
重ね煮アカデミーの生徒さんたちも
わずか数ヶ月でこんな変化が
ありました。

例えば…


季節の変わり目には
風邪が悪化していたけれど
すぐ回復しました!


去年の冬は家族の
誰も風邪をひきませんでした!

変えなくちゃ!と
意気込んで頑張ったわけではなく


重ね煮のお味噌汁が
美味しすぎて、毎日飲んでいます


野菜たっぷりでこれを飲むと
健康になれる気がすると
主人からも好評です


しばらく飲まないと
重ね煮味噌汁が食べたいと
恋しくなります


こんな風に
我慢するわけでも
頑張りすぎることなく

ごはんと味噌汁を中心に
おいしく食べて
強いカラダを作れているのです。

もしも、お子さんが熱を出しやすい
お腹の風邪をひきやすいなど
思い当たることがあれば

食の中心を何にしているか
見直してみてくださいね。

ここを変えるだけで
大きな変化が得られますよ(^^)

オンライン体験レッスンでは
なぜ体調を崩しやすいのか?
健康に過ごすためにはどうしたら?

そんなところもお話ししながら
今日からできる変化の具体策
お渡ししています!


体験レッスン詳細はこちら