「梅酢ってお酢なの?」一家に1本常備したい『梅酢』の魅力教えます!

身体に馴染む食べ方

重ね煮をはじめてから
使い始めた調味料に梅酢があります。

今では冷蔵庫になくては
ならないものだけれど…

梅酢


生徒さんから
こんな質問をいただくことが
ありますよ。


レシピにある梅酢の代わりに
お酢でも良いですか?

『酢』とあるので
お酢の一種と思われる方も
いるかもしれませんが

お酢では代用できません

なぜなら、梅酢は、
梅干し作りの過程で
梅を塩漬けにした際に
上がってくる液だからです。

そして、この梅酢は一家に一本
常備していただきたいくらい
たくさんの作用がありますよ。

今日はその魅力について
お伝えしますね。

1.  色止め作用

2.  漂白作用

3.  殺菌作用

4.  消炎作用


1.色止め作用

さつまいもやりんごの変色防止

さつまいもを蒸し煮する時に、

水に数滴入れて煮ると、
色よく仕上がりますよ。

梅酢本来の酸味と塩味が
甘みも引き出してくれます。

また、梅酢を入れた水に
りんごをくぐらせると
変色しません。

2.漂白作用

ごぼうやれんこんなどの
根菜類が多い煮ものの場合、
水に数滴入れて煮ると、
黒っぽくなりません。

また、根菜類の土臭い香りを
やわらげてくれる効果があります。

根菜が少し古くなってしまった、と
いう時におススメです。


3.殺菌作用

ごはんを炊く時に
小さじ1を入れると
ごはんが傷みにくくなります。

おにぎりの手水に
梅酢を混ぜた水に手をくぐらせて
おにぎりをむすぶのもオススメです。

4.消炎作用

うがい薬として
のどがイガイガするとき
外出先から帰ったときなど
水で4~5倍にうすめて、
1日数回うがいしてください。

もしも小さなお子さんが
飲んでしまっても安心です(^^)

熱中症予防に
薄めて飲むのもオススメです。

番外編:お料理にもぜひ

最後に梅酢のおいしい塩気と酸味は、
お料理やお弁当にも大活躍です。
お弁当梅酢
<漬物>  
きゅうりやだいこんを  
薄切りにして梅酢につける漬物  
「梅酢漬け」はおススメです。  

夏はきゅうり、 
冬はかぶや大根の梅酢漬けが  
美味しいですよ。

<酢飯、マリネ、ピクルス液>  
塩の代わりに使うと、 
まろやかな味になりますよ。  

<唐揚げ>  
醤油やお酒、生姜の代わりに  
梅酢とすりおろしニンニクで下味を
つけるとさっぱり美味しいです。
お弁当にもオススメです。

このように万能な調味料の
『梅酢』ですが、スーパーなどでは
なかな見かけないかもしれません。

そんな時は自然食品店などで
探してみてくださいね。

赤でも白でも使い方は同じです。

 

タイトルとURLをコピーしました