<発達凸凹キッズとカラダの痛み>
寝ている間に、脚を痛がったら…?

夜中から明け方にかけて
お子さんが脚を痛がることは
ありませんか?

FB② (9).jpg


わが家のモンベルくん(凸凹小2息子)
2歳くらいのころから、
ときどき脚を痛がって大泣き…

朝まで眠れなくなってしまう
ということがよくありました。

頻度は減ったものの最近も時々あって
成長痛なのかな?とか
他に病気が隠れているのかな?とか
少し気になっていたのですが

先週は激しい痛みから朝まで眠れず
とうとう昼夜逆転

学校にも登校できなくなって
しまいました。

思い立って
小児鍼を受けてみたところ
新たな気づきがあったので
ここでお話ししますね。

 

●脚の痛みの原因
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

FB (42).jpg
朝まで痛みで眠れなかった日…
起きてきたあとで
リクエストされたのは
<りんごの葛練り>でした

息子の脚の痛みは
おそらく、林間学校前に自分でも
気づかない
ストレスが増え
肝臓に負担がかかったことから
筋肉に作用しているのではないか?
というものでした。

元々息子は、
かんの強い子と言われていました。

かんの虫怒りっぽいカンシャク
いろいろ表現はありますが

周りの刺激などに敏感な子の場合

肝臓に負担がかかることで
気が停滞し、悪化すると
体内の熱が上に上がり

イライラしたり、
怒りっぽくなったり…

そんな状態になるのだそうです。

●ストレスの表し方もいろいろ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その表出の仕方が
カンシャクなどではなく
筋肉に作用することで、
痛みとして
現れることも
あるそうなのですね。

学校に行く前にお腹が痛くなったり
頭が痛くなったりするのも

カラダの中で起きていることを
理解しようとする

どう関わったら良いのか?
見えてくるかもしれません。

お子さんによって
背中と腰の間あたりを痛がったり
脇腹を痛がったり…いろいろですが

どれも肝臓に影響する部位
なのだそうですよ。

●おうちでできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お子さんが痛みを訴えたときは
その場所を撫でてあげることも
大事ですが、

上がってしまった体内の熱を
冷ましてあげると良いそうです。


✔冷たい水を一口飲ませる

✔頭頂部に保冷剤を当てる

✔背中を上から下にさする

●鍼治療なんてなんだか怖い?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

FB② (10).jpg

子供の場合は金属の棒で撫でたり
するだけなので

息子もリラックスして受けることが
できました。

おかげで睡眠リズムも元に戻り
林間学校にも無事参加
できましたよ!

 

私も、今までモヤモヤしていたことの
根本がわかって、なんだかスッキリ
しました(^^)

●カラダが教えてくれること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

食べたものの影響。
日常のストレスの影響。

カラダは私たちにちゃんと
今なにが起きているか
教えてくれているのですよね。

息子のことでは
脚の痛みだけを見るのではなく
全体を見る(診る)ことの
大事さにも気づけました。

このあたりのこと、
もう少し研究してまたお伝えできたら
と思っています。

 

 
 

まいにちのごはんで発達凸凹キッズの強いカラダと心を育む、知恵とレシピを配信中です♪

▼ご登録はこちらからどうぞ▼



お名前(性)  *
お名前(名)  *
Eメール  *