梅シロップづくり、発達凸凹キッズにオススメのお砂糖はコレ!

おやつレシピ


スーパーなどで
青梅を見かけるようになりましたね。

これからの時期に大活躍の
「梅シロップ」づくりは

作る過程や、出来上がりを待つ過程も
お子さんと一緒に楽しめるので
オススメです。

わが家も先日
3キロ分予約してきましたよ(^^)

梅シロップ


ところで
このシロップづくり
どんなお砂糖を選んでいますか?

①氷砂糖

②グラニュー糖(てんさい糖100%)

③上白糖(てんさい糖100%)

④きび砂糖

一般的には
梅シロップには『氷砂糖』
と言われていますね。

これは、梅の風味を最大限に出して
砂糖の雑味をなくした
スッキリした味わいにするため
かと推測できます。

発達凸凹キッズにオススメなのは

③のきび砂糖です。

ミネラル分を残した 
さとうきび由来のきび砂糖は

体内に入ったときの
血糖値の上昇脳への作用緩やか
です。

反対に、氷砂糖
精製度が高くなります。

じゃあ、グラニュー糖
上白糖はどうでしょう?

原材料が国産のてんさいであっても
精製されたショ糖が99%以上
ミネラルをほとんど含みません

北海道で穫れるから、
てんさい由来の氷砂糖なら
身体を温めるという方もいますが

精製されているものは
ミネラルがほぼ失われているので
さとうきび由来であっても
てんさい由来であっても同じです。

お子さんがもしも
怒りっぽくイライラしやすかったら
使うお砂糖も
気にしてみてくださいね。

きび砂糖で作るシロップは
きび砂糖の風味が手伝ってくれる
濃厚な甘みが感じられますよ。

ハチミツときび砂糖を
混ぜて作るのもオススメです(^^)

梅仕事が初めての方でも
失敗しにくいシロップの作り方
レシピはこちら

夏のおやつにもオススメ!「梅シロップ」づくり

 

<無料メールレッスン>登録はこちらから

\食べ方を変えて発達凸凹キッズが”まるく”なる/

🌱繰り返す癇癪をなんとかしたい
🌱食べ物のこだわりや「食べない」をなんとかしたい
🌱アレルギーや便秘を改善したい

まいにちのごはんで発達凸凹キッズの強いカラダと心を育む、知恵とレシピを配信中です♪ 
 

いますぐ登録する

 

タイトルとURLをコピーしました