玉ねぎ食べた!〜感覚過敏なモンベルくんの場合〜

お子さんの好き嫌いに

悩んでいませんか?

野菜嫌い

 

わが家のモンベルくん(凸凹小2息子)
離乳食以降、急に食べなくなって
何を食べさせようか?
困っていた時期がありますよ。

それが、ただの好き嫌いではない
かもしれないと気付いたのは
保育園の先生からの一言でした。


感覚が過敏で
食感強い刺激
感じてしまっているかもしれない

これを聞いて納得でした。

小さい頃から、Tシャツの襟元
左脇のタグがチクチクすると言って
自分でも切ってしまったり。

いろいろ敏感な面があったからです

嫌なモノの特徴は…

玉ねぎ

息子の様子から、嫌なモノの特徴が
少しずつわかってきました。

お味噌汁の中の玉ねぎナスなど
ヌルッとしたもの
「オエッ」となるようです。

小松菜など茎の部分は
シャキシャキする音が頭の中で響く
と言います。

苦手な感覚がどの程度なのかは
想像しづらいので、

「ひとくちで良いから食べて!」
のような無理強いはせずにいましたが

同じ野菜でも切り方によって
食べる食べないがあることが
わかりました。

例えばにんじんは
乱切りだと食べないけれど
切干大根の煮物などで千切り
なっていると気にせず食べる。

苦手な玉ねぎも薄切りではなく
みじん切りなら食べられる。

わからないように細かく刻んで
ハンバーグなどに混ぜ込んで
食べさせるというよりは

お味噌汁に入れるにんじんを
いちょう切りから
千切りに変えてみる。

ポテトサラダの玉ねぎは
薄切りではなくみじん切りに。

日々実験のような気持ちで
工夫してきたことで、

ずいぶんといろいろなものが
食べられるようになりました。

お子さんの好き嫌いに
悩むママへ

苦手だから…と
その食材を除くのではなく

切り方を変えることで
食べられるようになることも
あるかもしれません。

ひとつのヒントとして
試してみてくださいね(^^)


 

メルマガ登録で発達凸凹キッズの癇癪に悩むためのテキストプレゼント
\食べ方を変えて発達凸凹キッズが”まるく”なる/

🌱繰り返す癇癪をなんとかしたい
🌱食べ物のこだわりや「食べない」をなんとかしたい
🌱アレルギーや便秘を改善したい

まいにちのごはんで発達凸凹キッズの強いカラダと心を育む、知恵とレシピを配信中♪ 


*印は必須項目です
メールアドレス 
お名前(性)
お名前(名)