\野菜は皮ごと、アクごと食べよう/ 発達凸凹キッズにオススメしたい!重ね煮調理3つの魅力

野菜の皮ってむいていますか?

ごぼうやレンコン アク抜きしますか?

もしもしていたら…
それ、もったいないですよ〜!

なぜなら
皮むきせず、アク抜きもしないことで
発達凸凹キッズにとって良いことが
たくさんあるからです(^^)

じゃがいも

----------------
 皮ごと・アクごと食べる
 【重ね煮調理3つの魅力】
----------------

1.イライラにつながるお砂糖
  油をつかわずに美味しくできる

2.体内の老廃物を排出

3.腸が元気になり情緒も安定

----------------

ひとつずつお話ししますね。

イライラにつながるお砂糖や
油をつかわずに美味しくできる

お砂糖を使わない煮物って
なんだか味気ないと思いませんか?

でもね、重ね煮で調理することで
皮やアクなど野菜の個性が
それぞれ引き立てあうと
旨み甘みに変わるんです。

おいしいから、
砂糖で甘みを足したり
油でコクを出したりする
必要がなくなります。


使わなくなったお砂糖が
容器の中でカッチカチです

なんていう生徒さんも
いたくらいです(^^)

体内の老廃物を排出

野菜の皮は、食物繊維が豊富。

そして、強い解毒効果
持っています。

特に根菜類の皮には
サプリメントなどに使われている
フィトケミカルと言われる
ポリフェノールがいっぱい。

体内の老廃物を絡めて排出
してくれますよ。

腸が元気になって情緒も安定

私たち日本人の腸内細菌
食物繊維が大好きです。

食物繊維が腸へ入ると
それをエサとして
元気に活動してくれることで
免疫力アップにもつながります。

腸は第二の脳とも言われていますね。

腸が元気だと
情緒も安定してきます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


皮ごと、アクごとの
重ね煮料理を続けることで

食べなかった野菜を
食べるようになったり

癇癪が落ち着いたという
お子さんもいます。

食べることは一生続くもの。


重ね煮なら、毎日のごはんで
発達凸凹キッズと家族の
カラダもサポートできますよ!


 

<無料メールレッスン>登録はこちらから

\食べ方を変えて発達凸凹キッズが”まるく”なる/

🌱繰り返す癇癪をなんとかしたい
🌱食べ物のこだわりや「食べない」をなんとかしたい
🌱アレルギーや便秘を改善したい

まいにちのごはんで発達凸凹キッズの強いカラダと心を育む、知恵とレシピを配信中です♪ 
 

いますぐ登録する